無限の可能性を秘めたメンバー登場!21年卒・内定式レポート

2020/09/18

みなさん、こんにちは!デザイナーの湯浅です。
あっという間に夏も過ぎ去り、早くも肌寒くなってきましたね。秋の訪れを感じます。
キンキンに冷えたビールが美味しい季節ではなくなってしまいましたが、今度は秋限定の香ばしいビールが発売される時期なので、今から心を躍らせています(笑)

さてさて、今回は!9月15日(火)に行われた
21年卒・内定式の様子をお届けします!

昨年までは沖縄で開催されていた内定式ですが、今年は東京での開催となります。
例年、豪華な会場で開催しているサイダス内定式。今回の会場は、インターコンチネンタル東京ベイです。

今年の内定者はビジネス職で5名と、Zoomでのリモート参加で、ベトナムから技術開発本部に2名となりました。

会場では、式が始まる20分前から内定者が集合。内定式が始まるまで、少しの時間があったため、しばしの談笑タイムになりました。最初は少し緊張していた内定者のみなさんも、早めに到着していた役員・サイダスメンバーと、少しずつ話をしている内に、ちょっとリラックスモードに。

(乗田さん、そのスーツはいかついですよ!いやいや、そんなことはない!と話している役員メンバー)

21年卒・内定式 開式

代表・松田と他の役員メンバーが集まったところで、いよいよ内定式が開式。
司会進行は採用担当の小森谷さんです。早速、代表の松田さんから内定者のみなさんへメッセージが贈られました。

新しいサービスの話や、これからやろうとしていることなど、未来のお話を楽しそうに話す松田さん。身が引き締まると同時に、なんだかワクワクしてくるような、そんなお言葉をいただきました。

すでに親友感満載!?内定証書授与

松田さんからのメッセージで場が引き締まったところで、次は内定証書を授与します。今回は会場に居る内定者5名への授与ということもあり、時間もゆったり使って、穏やかに会話をしながらの授与となりました。

中には松田さんとこんなショットも・・・?

内定者のみなさんと写真を撮りながら「なんかお父さんみたいだよね〜」なんて笑いを誘う松田さん。内定式とは思えないフランクな距離感に、なんだかサイダスらしさを感じますね!

内定証書を受け取って、いい笑顔!

豪華なコースランチで懇親会開始

内定式を終えると、会場を変えて懇親会が開始となりました。日の光が差し込む煌びやかな空間に、豪華なコース料理が運ばれて来ます。

今回はランチ懇親会ということもあり、全員ノンアルコールでの会食となりましたが、少しずつサイダスメンバーとの会話も増えて、和やかにスタート。
まずはマイクを回しつつ、役員含め参加しているサイダスメンバーが一人ずつ挨拶をしていきます。

経営管理本部長・中島さん

技術開発本部長・吉田さん

取締役会長・坂口さん

営業本部HRサポート部部長・猪俣さん

ブランド戦略部部長・麻美さん

役員が次々に挨拶をする中、営業本部長・乗田さんからはこんなメッセージが。

乗田:
僕は元々、人事の仕事をずっとやっていて、この4月からは営業本部長をやっています。自分自身も、サイダスに入ったのは去年の10月で、まだ1年も経っていないです。自分でも覚悟を決めて、この仕事に取り組んでいますが、これまでの人事の経験をどう活かしていこうか、まだ悩みながらやっている最中ではあります。分からないことや、悩むこと自体は、全然悪いことではないです。逆にそれをきっかけにして、どんどん力をつけちゃえばいい。「これなんだろう?これはどういうことだろう?」っていうのを毎日考えて、それを自分の中で一個一個、わからないことに対して向きあって、キャッチアップしてもらえれたらいいと思います。僕自身もまだまだ悩んでいるし、他の社員も日々、悩みながら仕事をしています。悩みながら一緒に、成長していければいいな、と思います。

「悩んでも大丈夫」と言う心強いメッセージを残してくれた乗田さん。これから新しい環境に入っていく内定者の皆さんにとって、心の拠り所になるような、そんな熱いお言葉でした!

これがメインイベント!?内定者の自己紹介プレゼンテーション

美味しい料理を楽しんでいると、内定者のプレゼンテーションが始まりました。
実は、サイダスでは毎年内定者のみなさんに、自己紹介プレゼンテーションしてもらっています。プレゼンの形式は自由。どんな表現方法でもOKなので、自分らしいスライドを制作して、発表するという課題です。
役員含め、このコーナーを毎年楽しみにしているメンバーも少なくありません。今年はどんなプレゼンテーションが見られるのか。期待に会場もざわつきます。
そして進行役の小森谷さんが、おもむろに前に出て来たかと思うと・・・

小森谷:それでは、順番はくじで決めます。

(くじ!?とざわつく会場)

内定式からスムーズな司会進行を務めていた小森谷さんですが、ここへ来て急に古風な進行スタイルに!

その場で引いた順番に、焦りを見せる内定者も・・・一度過ぎ去った緊張感が、再び会場に漂い始めました。いよいよ課題の成果が発揮されます!

無限の可能性に会場も湧き上がる!プレゼンテーション開始!

くじでの結果、トップバッターは徳安裕太郎くん!トップバッターとは思えないほどスムーズで説得力のあるプレゼンテーションを披露してくれました。

徳安くん:
僕には「より多くの人が自分の意思を大切にして生きられる世の中をつくる」という目標があります。自分自身、大学に入学する前は、人の顔色を伺ってしまって、なかなか自分の意思を大切にして動くことが出来なかったんですが、大学入学を機に、自分を出しやすい環境になったことで、自分の意思を大切にして、人生が好転しました。この経験を、同じような苦しさを感じている人に伝えていきたいといと思って、この目標を掲げています。そんな思いを持って就職活動をしていた時に、サイダスと出会いました。周囲の就職をした人たちから話を聞いていていると、日本の「働く」にはまだまだネガティブな感情がついているな、と感じています。せっかく一度きりの人生で働く時間が苦しいというのは、すごく勿体無いことだと思っていたので、サイダスのミッションと自分の考えに、通ずるものがあると思いました。

会場の緊張感を一気に払拭してくれたような、そんなフレッシュで熱いプレゼンテーションに、役員メンバーも唸ります。サイダスのミッションやビジョンに入社前から共感してもらえたことは、とても嬉しいことですね。

そんな徳安くん、現在はアイスホッケー部に所属していて、ロードバイクも趣味なんだとか。サイダスは自転車通勤しているメンバーが多いので、徳安くんのロードバイクの話にかなり食いついていた様子。サイダス自転車部の恒例・長距離サイクリングに参加する日も近いかもしれませんね。

この時間で内定者のみんなのスイッチが入ったのか、その後も続々とハイクオリティーでインパクトのあるプレゼンテーションが続きました!

2番目は、寺岡紗里さん。
1年間スペインに留学していたそうで、スペイン語が堪能!なんと、このプレゼンテーションのために自己紹介動画を制作してくれたのですが、CTOの吉田さんが思わず「チャンネル登録します!」と言ってしまうほどのクオリティ。大学ではアカペラサークルに所属していて、歌うことが大好きだそう。お酒も大好きらしいので、東京オフィス恒例「近所の蕎麦屋飲み会」のレギュラーメンバーになるかも?(笑)

3番目は垣花実亜さん。
なんと、昨年に新卒入社した宮国くんの幼馴染だそうで、沖縄のご実家では、家族全員が猫好きなこともあって11匹もの猫達と暮らしていたそうです。(楽園・・・!)学生時代は、アルバイトでお笑い劇場のスタッフや動物病院、八百屋さんなど色んなアルバイトを経験され、粘り強さが持ち味とのこと。様々な環境下での経験が、ご自身の強さに繋がっているんですね。
また中日ドラゴンズのファンで、プレゼンの最中はユニフォームを羽織っての発表となりました。この日の会場の中にもライバルが・・・?サイダスにも野球ファンがいるので、野球トークで盛り上がりそうですね!

プレゼンテーション中は、みんな食い入るように聞いていました。役員メンバーの目がマジです。

乗田さんも思わず前のめり(笑)

続いて4番目は坂口那穂さん。

なんと、この日は大阪から東京まで12時間かけて、ヒッチハイクで来たんだとか!いきなりのぶっちゃけトークに会場がざわめきました!しかも、ここ最近スクワットで100kgが上げられるようになっとのことで、さらに会場をざわめかせます。「今日は色々情報が多いと思うので、わたしのことはスクワット100kg女と覚えてください!」との名言を開始早々に残してくれました。また、大学は自転車通学をしているそうで、通勤も自転車を考えているとのこと。また自転車通勤メンバーの目が光ります。(笑)
そしてここで出身の話になったのですが、会長の坂口さんと出身地が同じとのこと!ご本人達は今日が初対面だそうですが、同じ苗字のこともあり、もしかしたらどこかで繋がっているかも!なんて話で会場も盛り上がりました。最後には、筋トレの素晴らしさを伝えるために、トレーニング5原則を教えてくれた坂口さん。いよいよサイダスにも、本気の体育会系メンバーがジョイン!

最後は馬渕京也くん。NPOカタリバという団体の運営スタッフをやられているそうで、実際に高校に直接足を運び、大学生や社会人が、中高生と体育館でキャリアについて語り合うという活動をされているそうです。「一人ひとりが、自分の人生をワクワクするように生きられる社会の実現」という目標も掲げていて、カタリバでの経験から、中高生達と語り合う単発的なアプローチでは足りない、もっと違った角度からのアプローチがしたい、と考えていた時に出会ったのが、サイダスだったそうです。

また、古着が好きなようで、ご本人曰く「変な服が多い」らしく、職場に着ていけるような服がない・・・と心配されていました。ちなみにサイダスは代表の松田も短パン&ビーサンで出社するくらいに服装自由な勤務スタイルなので、なんでもOKです!どんな服を着てきてくれるのか、楽しみですね!


全員のプレゼンテーションが終わり、内定者のみんなの心意気や人となりが分かったところで、役員メンバーのワクワクが止まらない様子。あちこちで色んな会話が沸き起こっています!

参加したサイダスメンバーは、間違いなく「早く一緒に仕事がしたい!」と強く感じた時間だったと思います。早く一緒に働いて、その仕事ぶりを見てみたいですね!

中には『え?いつから来るの?明日?』なんて言い出すせっかちなメンバーも居ましたが、実は、内定式に出席したメンバーは、次の日からインターンとしてサイダスに勤務することが決まっています!

これからインターンの指導も行う採用担当の小森谷さんからは、こんなメッセージもいただきました。

小森谷:
皆さん、改めまして内定おめでとうございます!ようこそサイダスへ!長い長い就職活動、本当にお疲れさまでした。実は、内定者のみなさんとリアルで会うのはこの日が初めて。これまでZoomの画面上でしか会ったことがなかったので、何度も顔を合わせたはずなのに最初の挨拶は「初めまして」だったのが何だか不思議でした(笑)
懇親会でみなさんから発表いただいた自己紹介が本当に個性的で、サイダスの未来を創っていってくれる頼もしさを感じました。考えてみれば、こんなにも「濃い」メンバーが集まるなんて奇跡みたいなものですよね。皆さんは、これから「明日が楽しみになる世界」を作っていく仲間です。お互い支えあいながら、成長していきましょう!

プレゼンテーションでとんでもない実力を見せてくれた内定者のみなさんですが、インターンとしての勤務はサイダスで働くことへの第一歩。ぜひ、楽しみながら色んなことを吸収していってほしいですね!
これから一緒に頑張りましょう!