NEWS
ニュース

2013.12.26プレスリリース

目標・人事考課アプリケーション「MBO edition Ver.2」を提供開始

〜決めた目標から社員の成長を促し、人事業務の効率化を実現〜

人と組織のパフォーマンスを最大化するためのクラウド型のタレントマネジメントソリューションを提供する株式会社サイダス( 東京都港区、代表取締役 松田晋、以下サイダス) は、目標・人事考課アプリケーション「MBO edition Ver.2」の提供を開始したことを発表いたします。

「MBO edition Ver.2」は、大手企業を中心に導入して好評を得ている、人事支援アプリケーション「Performance Cloud Ver.2」をベースに開発した、目標・人事考課アプリケーションとなっています。
今回のMBO editionのバージョンアップに伴い、以前より目標管理のみに利用していたデータを、社員のキャリアップと組織の成長へと活用できるようになりました。

「MBO editon Ver.2」では、国内の業種業態に問わず、テンプレート設定から、企業毎の風土文化に合わせられるような仕組みができております。
社員や組織の目標設定状況や過去の達成状況、過去の評価結果と、そのときの評価の状態の可視化、社員機能としては、自分自身の成長や進捗状況や達成状況の把握がパソコン、タブレット、スマートフォンで確認しながら運用が可能になっております。

また、「Performance Cloud Ver.2」との連携により、仕事の成果の関係性や、社員の成長の進捗が把握でき、そこから適材適所に導き出すような人事施策が打てるようになります。
評価時期だけの評価と、日々のマネジメントにおいての評価とのギャップ等からも分析することで、公正公平な評価制度へと施策が打てるようなアプリケーションとなっております。

「MBO edition Ver.2」は、アマゾンウェブサービス(AWS) のクラウド環境を利用することで、サーバを自社で管理する必要が無く、インフラを含めた導入コスト、ランニングコストの削減が可能になります。

既に、従業員5000名の企業様でサービスインをおこないました。
導入打ち合わせから稼働までをわずか3ヶ月でおこない、安定したサービスを提供しております。
現在、「MBO edition Ver.2」は大手の企業様8社より受注しており、2014年2月から順次運用をスタートいたします。

目標に対して公正公平な人事考課へ挑戦しつづけることを使命だと思い、開発に当たってきました「MBO edition Ver.2」をお試いただけます。

■料金体系
1人当たりの利用による従量課金制
※従業員数に応じてボリュームディスカウントの料金体系となっております。