NEWS
ニュース

2016.05.10プレスリリース

【新製品】OBCより「OMSS+ 人材情報化サービス」を発売

人材の情報化と見える化で効率的なマネジメントを実現
【OMSS+ 人材情報化サービス】を5月10日に発売

http://www.obc.co.jp/h-info/

株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田成史、以下:OBC)と株式会社サイダス(本社:東京都港区、代表取締役:松田 晋、以下:サイダス)は、人材の"情報化"と"見える化"を実現するクラウドサービス【OMSS+ 人材情報化サービス】を、2016年5月10日(火)から販売いたします。

これまで、OBCとサイダスは、【OMSS+ 人材育成サービス】【OMSS+ 目標管理サービス】の提供を通じ、人材育成のスタンダードな運用支援に取り組んでまいりました。その中でも要望として多かったのが「人材の"情報化"と"見える化"」です。

【OMSS+ 人材情報化サービス】は、社員の顔や名前といった基本的な情報に加え、スキルや経歴・過去の評価などの⼈材情報を一元管理(人材の情報化)し、ロケーションを問わず人材情報を参照・活用(見える化)することが可能なクラウドベースのシステムで、年額150,000円(税抜)よりご利用いただけます。最大の特長は、人材情報を社員自身が更新することにより、常に最新の状態に保つことが可能な点にあります。また、社員全員が使うシステムのため、人事・総務部門以外の管理者による人材情報の活用も可能となります。

OBCの人事管理システム【人事奉行】のほか、社員一人ひとりに合った育成プランの作成や適材適所を実現する【OMSS+ 人材育成サービス】、社員の目標達成支援や人事考課業務の効率化を図る【OMSS+ 目標管理サービス】と連携することで、人事業務から人材活用までを一気通貫で行うことが可能です。
これにより、OBCが従来から取り組んでいる業務生産性の向上に加え、人材マネジメントの効率化、社員のパフォーマンス向上など、企業全体の生産性向上を実現します。

※プレスリリース全文はこちら