働きがいを応援するメディア

2021.10.27

ビジネスパーソン必見!ヒューマンスキルについて紹介します

ビジネスシーンにおいて、ヒューマンスキルが注目されるようになってきています。特に、マネジメントをする際にヒューマンスキルが必要です。では具体的に、ヒューマンスキルとはどのようなものなのでしょうか。この記事では、ヒューマンスキルが必要な理由やヒューマンスキルの種類、ヒューマンスキルを磨く方法などについて紹介します。

ヒューマンスキルとは?

ヒューマンスキルとは、対人関係能力のことです。対人関係を良好に保ち円滑なコミュニケーションをとることなど、ヒューマンスキルは組織のなかで業務を遂行していくうえで必要不可欠な能力だとされています。特に、マネージャーや管理職といった立場の人に強く求められるものです。しかし、採用をする際にヒューマンスキルがあるかどうかを重要視する傾向が強まっており、すべてのビジネスパーソンが身につけておいて損のないものとなりつつあります。

ヒューマンスキルは、ハーバード大学の教授でありアメリカの経営学者であるロバート・カッツが提唱した3つのビジネススキルのうちの1つです。ほかの2つのスキルとは、テクニカルスキルとコンセプチュアルスキルです。テクニカルスキルは現場の業務で必要となる知識や技術のことであり、ビジネスシーンにおけるスキルという言葉から誰もが真っ先にイメージするものでしょう。コンセプチュアルスキルは物事の本質を捉えて概念化する能力であり、組織のトップに立つ人に必要とされるものです。

なぜヒューマンスキルが必要なの?

組織の一員として業務を遂行していくのならば、人とコミュニケーションをとることは避けて通れません。価値観が多様化している現代において、さまざまな考えを持つ部下や同僚、顧客や取引先など、ビジネスシーンで関わる多くの人と信頼関係を構築していくために、ヒューマンスキルが必要となるのです。また、自分は現場で働いているわけではないが、指示を出さなければならない場合なども出てくるでしょう。現場で働いている人から、必要な情報を的確に引き出さなければなりません。状況変化に応じた指示を出すためには、やはりヒューマンスキルが必要とされます。

ヒューマンスキルの種類

ヒューマンスキルには、どのような種類があるのでしょうか。7つの種類について詳しく見ていきます。

コミュニケーション力

コミュニケーション力は、どのような人とでも良好な人間関係をうまく構築し維持していく能力です。良好な人間関係が築けているかどうかは、業務が円滑に遂行できるかどうかに大きく関わっています。人間関係でのストレスが少なければ、離職率の低下などが見込めるでしょう。何気ない会話で場を和ませたり、上司や同僚などに挨拶をしたりする場面などでコミュニケーション力が発揮されます。コミュニケーションは双方向のやり取りです。決して相手に挨拶などを強要するものであってはなりません。コミュニケーションをとるうえで大切なのは、自分の価値観を相手に押しつけることはせず相手の価値観を尊重することです。各自の性格や立場をしっかりと理解し、相手にストレスを与えないような接し方を心がけるのがベストでしょう。

ヒアリング力

ヒアリング力は、相手の話を真摯な姿勢で聞いて理解し共感したり相手がうまく言語化できない意見などを引き出したりする能力です。コミュニケーションをとるためには、まず相手のことをよく知らなければなりません。相手の性格や価値観を知るために欠かせないのがヒアリングです。相手の話にしっかりと耳を傾けてどのような部分に共感できたかがわかると、自分自身の内面についても知るきっかけが得られます。さまざまな性格の人の話を聞きさまざまな価値観に触れることで、相手のことを知るだけではなく自分自身の精神的な成長も促されるでしょう。自分の意見をうまく言語化できる人ばかりではありませんから、高いヒアリング力があってはじめて聞ける話や意見などもあります。組織における課題の核心を探るうえでも、ヒアリング力は重要なヒューマンスキルです。

交渉力

交渉力は、商談などの際に必要とされる能力です。交渉を成立させるためには、双方が納得いくように物事を進めて信頼関係を築く必要があります。交渉は、自分の立場ではなく相手の立場で考えることが重要です。どんなに優れている自社商品があったとしても、相手がほしがっているものでなければ契約してもらえる可能性が低いでしょう。自分の立場で売りたい商品を一方的にプレゼンテーションするのではなく、相手の立場でほしいであろう商品を紹介するのです。交渉力を向上させるためには、それなりの経験を積んでいかなければなりません。

交渉の手順としては、まず事前準備をします。交渉相手の情報は、商品のニーズから雑談のきっかけになるようなものまでできる限り集めておきましょう。事前のヒアリングができるのなら、ヒアリングしておくとよりよいです。そのうえで、戦略を練ります。交渉の場所はどこにするか、タイミングはいつがいいかなどを慎重に考えましょう。事前準備や戦略を練る段階で課題が発見できたのなら、解決策を考えておきます。

そして、ゴールの設定をします。理想となるゴールはどこなのかを設定したうえで、どこまでならゆずれるのかを何段階かに分けて想定しておきましょう。計画通りに交渉が進むことは稀ですので、臨機応変で柔軟な対応が求められます。どうしても交渉が成立しない場合もあるため、代替案を準備しておくことが望ましいです。

プレゼンテーション力

プレゼンテーション力は、自分の意思や自社商品について相手に伝えて理解を深めてもらうための能力です。社内向けには通したい企画や提案がある場合、社外向けには自社商品を宣伝する場合などにプレゼンテーション力が必要となります。どちらの場合であっても、企画や商品などの目的、メリットやデメリットについて的確かつ端的にわかりやすく述べることが重要です。視覚的に理解してもらいやすくするため、イラストや写真、図表などをスライド形式で表示させる方法が用いられます。

ファシリテーション

ファシリテーションは、会議などが円滑に進むよう舵取りをすることです。自分の価値観や意見がどのようなものであったとしても、全体にとって中立の立場を保って進行役に徹する必要があります。ファシリテーションに必要なスキル1つ目は、ゴールを明確にすることです。何のための会議なのか何を決定すれば会議が終わるのかがわかっていないと、話し合いが思わぬ方向に逸れてしまうことがあるでしょう。会議に必要のない意見が出てきてしまう可能性もあります。何のための会議なのかわからなくなる人が出ないよう、適時ゴールを明確に提示するようにしましょう。

2つ目は、意見を引き出すことです。進行役が特に何もしなくても意見が多く出てくるような会議ならば、問題ありません。しかし、会議のメンバーや議題によってはなかなか意見が出てこないような場合もあるでしょう。そのような場合には、進行役が質問を投げかけるなどして意見を引き出す必要があります。一部の人の意見ばかりにならないよう、価値観が違うであろう複数人に質問をするなどの工夫も必要です。

3つ目は、話し合いの内容を整理することです。会議が長くなったり多くの意見が出たりすると、話し合いの内容が複雑になってきます。途中参加した人がいる場合も、これまでの話し合いの内容をわかりやすく手短に伝えてすぐに参加してもらえるようにしましょう。参加している人全員がしっかりと会議の内容を把握できるよう、話し合いの内容を整理することが求められます。4つ目は、意見をまとめることです。多様な価値観があるため、全員の意見が採用されるわけではありません。しかし、意見が採用されなかった人も納得がいくように説明をしたうえで、意見をまとめることが大切です。

コーチング

コーチングは、相手との対話を通して目標達成に向けて支援することです。主に、人材育成の場面で使われることが多いです。コーチングと混同されやすいものにティーチングがあります。ティーチングは、業務に必要な知識や技術を教え込むことです。これに対し、コーチングは直接的に答えを教えることはせず、自分のなかの気づきから答えを見つけ出せるよう手助けをします。コーチングする側とされる側は対等関係ですが、コーチングされる側の自主性を重んじてコーチングする側はあくまでもサポートに徹します。コーチングする側はヒアリングしたり質問したりすることによって答えを導き出せるように支援するため、信頼関係ができていないと成り立ちません。

しっかりと相手の話を聞いていることを態度で示したり相手の様子を観察して対応を変えたりするので、言語以外のコミュニケーションも使用します。コーチングに必要なのは、相手の自主性や主体性を重んじながら支援する姿勢です。短期的に見れば答えを教えてしまったほうが早いですが、それでは自分で考える力が身につきません。いつまでも指示がないと動けない人材ばかりになってしまいます。コーチングをすることによって、問題が起こった場合に解決策を自分で考え出したり主体的に業務に取り組んだりする人材を育てることができるでしょう。

リーダーシップ

リーダーシップは、明確な目標を示すことにより組織としての目標を達成させる能力です。リーダーシップをとるために必要なのは、まず明確な目標を提示して目指すところをわかりやすくすることです。そして、さまざまな意見を聞いて尊重しましょう。意見を尊重するのと採用するのは違います。どの意見を採用するかは、冷静に判断する必要があります。しかし、採用されない意見にも耳を傾け、なぜ採用されなかったのか納得できるような説明をしましょう。1つの意見として参考になったことを伝え、これからも遠慮なく意見を出すように促します。これが意見を尊重することであり、信頼を得ることにつながります。

ヒューマンスキルを磨く方法

ヒューマンスキルを磨く方法1つ目は、研修を受けることです。ヒューマンスキルとはどのようなものなのかを知るだけでも、心がけが変わるでしょう。2つ目は、フィードバックをしてもらうことです。自分の行動や対応がどうだったのか、自分で判断するのは難しいでしょう。上司などにフィードバックしてもらい、アドバイスを参考にするのが望ましいです。3つ目は、PDCAを意識することです。計画し行動し、それを評価して改善することを意識すると、自分で自分にフィードバックしている状態が続きます。上司などからのフィードバックとあわせて、ヒューマンスキル向上に役立てましょう。

4つ目は、他人に対して関心を持つことです。ヒューマンスキルを身につけるためには、相手の立場で考えることが欠かせません。ビジネスシーンだけでなく日頃から他人に対して関心を持つように心がけると、相手の気持ちを想像しやすくなります。5つ目は、ヒューマンスキルを意識した行動をすることです。他人に対して関心を持つことと同様に、ヒアリング力や交渉力などを使う場面は日常生活でもあるのではないでしょうか。ヒューマンスキルを意識しながら生活すると、向上につながりやすいです。6つ目は、多様性を認めることです。さまざまな価値観が存在することを知り、どれが正しくてどれが間違っているといったことはないのだと認めていきましょう。

Category

Knowledge

Keyword

Keywordキーワード