働きがいを応援するメディア

2021.1.25

「委嘱(いしょく)」の意味は?委託や嘱託との違い・委嘱状について

委嘱という言葉を聞いたことがあるでしょうか。似たような言葉に委託や嘱託がありますが、これらの違いを明確に説明できる人は少ないかもしれません。しかし、これらは仕事や契約に関わる言葉。よく分からないままにしては、トラブルを起こす可能性もあります。ここでは、委嘱の意味や、委託や嘱託との違いについて説明します。委嘱状についても確認していきましょう。

「委嘱」の意味・使い方!「解嘱」「受嘱」は?

「委嘱」とは、仕事や役割を外部の人に任せることを指します。専門的スキルが必要な依頼に対して、委嘱という言葉が使われるのです。たとえば、「講演会の委嘱を受ける」「社外に作曲を委嘱する」といったような使い方をします。委嘱は企業が行うだけではありません。行政から民間に対して行われるケースもあります。たとえば、行政機関に属していない民間人が、政府の審議会や調査会のメンバーに選ばれることもありますし、感染症が流行した場合に対策を練る専門家会議に、研究所の所長や大学教授などが招かれることもあるでしょう。専門知識や経験がない行政機関のメンバーだけでは話し合いが難しいと判断されると、委嘱が必要となるのです。

なお、委嘱と似たような言葉に「受嘱」と「解嘱」という言葉もあります。受嘱とは委嘱を受けることを指し、依頼を受ける側が使う言葉です。「企業主催のイベントで講演する仕事を受嘱した」というように使われます。一方、解嘱とは委嘱した仕事の依頼を解くことです。「専門家会議から解嘱する」「民生委員から解嘱された」などのように使われることが多いでしょう。なお、同じような意味をもつ言葉として「解職」が挙げられますが、解職の場合は一般的な仕事や役割を辞める、辞めさせる際に使われます。加えて「社内規定に違反したために解職した」などとマイナスのイメージをまとう場合もあります。

注意したいのは、解嘱はネガティブな意味は持たないということ。「解職」や「解雇」とは意味合いが異なります。解雇とは、雇っていた人を雇い主の判断で一方的に辞めさせることです。懲戒解雇・整理解雇という言い方でもわかるように、働き手にとっては嬉しくない辞めさせられかたといえるでしょう。誤解がないような使い分けを心がけが必要です。

「委託(いたく)」とどう違うのか

「委嘱」と似た言葉に「委託」があります。業務委託という形式で仕事を任されたことがある人もいるのではないでしょうか。業務委託は、企業と個人が結ぶもので、「業務を委託する」というような使われ方をします。ここで委嘱と委託を比較するために、専門性に注目してみましょう。委託は幅広い仕事に対して使われるのに比べ、委嘱は専門的な仕事を任せるときに使われます。業務委託で任される仕事にはさまざまなものがあり、事務・経理・エンジニアリング・ライティングなどあらゆる職種が該当します。なお、委託の中に委嘱が含まれるので、専門的なスキルがないと務まらないのではという場合でも、委託といって構いません。また、委託という言葉には「法律行為を依頼する」という意図が強く、弁護士に依頼するときによく用いられます。「弁護士に債権回収を委託する」などの表現が挙げられるでしょう。

「嘱託(しょくたく)」とどう違うのか

「嘱託」という言葉もあります。これも、委嘱と同じように捉えればよいでしょう。嘱託は働き方を意味するだけでなく「仕事を依頼された人そのもの」を指す場合もあり、「嘱託社員」という呼び名が使われます。嘱託社員は有期契約の非正規雇用です。同じような有期契約の働き方として契約社員や派遣社員も挙げられますが、それぞれ何が違うのでしょうか。まず、雇い主に注目しましょう。嘱託社員と契約社員は、それぞれ働いている企業が雇い主で、いずれも非正規扱いです。一方、派遣社員は派遣会社に雇われ、最長で3年間の有期契約のもと派遣先で働きます。

契約社員と嘱託社員に明確な差はありません。実際に、嘱託社員と契約社員を区別していない企業もあります。しかしながら、一般的に嘱託社員とは、定年後に再雇用されたシニアを指すことが多いようです。嘱託社員は経験やスキルを認められて雇用されるケースがあり、医者や看護師など特別なスキルをもつ人も多く活躍しています。企業に重宝されるスキルを武器に、高収入を得ている人も少なくありません。

委嘱状とはどのようなもの?

「委嘱状」とは委嘱を頼む人に渡す書類です。特定の業務を任せることを記載し、委嘱する相手の氏名・業務内容・契約期間などが書かれています。書類は1枚程度で、詳しい業務内容は書かれていません。委任状には厳密な書式はなく、企業のロゴやキャラクターがデザインされているなど、いろいろな委任状が発行されています。印鑑がなくても構わないなど、自由度が高い書類といえるでしょう。なお、行政機関で発行する場合は書類名が「辞令書」に変わりますが、内容は委嘱状とほぼ同じです。

「委任状」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。委任状は、本人が出向くことができない場合に、代理人を立てるときに作成する書類です。ビジネスの場以外だけでなく、日常生活でも委任状が必要になるケースがあります。たとえば、本人以外が銀行の窓口で口座開設・大口の現金振り込みをする際には委任状がないと手続きできません。気をつけなければいけないのは、委任状はシャチハタ以外で押印する必要があるということ。特に、重要な場面では実印を求められる場合もあります。

ちなみに、委託状というものはありません。業務委託をお願いする場合は、「業務委託契約書」を作ります。内容は契約の目的や業務の内容から始まり仕事の進め方、報酬の支払いに関すること、禁止事項まで盛り込まれています。委嘱状よりも、業務委託契約書の方が詳細に書かれているといえるでしょう。業務委託契約書の目的は、仕事上のトラブルを防ぎ、仕事の質を保つことです。そのため、万が一に備えて丁寧に書面を作る必要があるのです。

その他の「外部に仕事を依頼する」言い方

ほかにも、業務を外部に依頼する際に使う言葉はさまざまです。契約上の違いがわからないとトラブルになりかねません。契約する前にこれらの違いを理解しておきましょう。外注、いわゆるアウトソーシングには、委託のほかに「請負」という方法もあります。請負とは委託と同じように、報酬や期限を決めたうえで仕事を引き受けることを指します。2つの働き方の違いを理解するには、報酬が支払われる条件に注目しましょう。委託の場合は、業務行為そのものに対して報酬が支払われます。たとえば営業活動を委託した場合には、受注件数が振るわなくても報酬は発生するでしょう。なお、「委任」も委託と同様、業務行為に対して報酬が支払われる働き方です。

一方、請負の場合は、成果がでなければ報酬が支払われません。請負の仕事には、モノを作る仕事もあれば、営業や事務など作業をするもの、データを取り扱うものなどさまざまですが、すべて成果に応じて報酬が支払われます。何に対して報酬が発生するか、というのは大きな問題です。もし、未経験でも大丈夫という文句を信用して請負の仕事を受けても、きちんと仕事をこなせなければ収入を得られないでしょう。契約の前に、請負と委託の違いを理解しておくことが大切です。

似た言葉としっかり区別をしよう

委嘱や委託、委任、嘱託などは、それぞれよく似た言葉のため、一見区別がつきにくいかもしれません。委嘱は委託の一種で専門性が求められる仕事を任されること。また、委嘱と嘱託はほぼ同じ意味合いです。さらに外注には、委託のほかに請負という働き方があります。これらの言葉は契約や報酬に関わります。トラブルに巻き込まれたり損をしたりすることがないように、しっかり理解しておきましょう。

Category

Knowledge

Keyword

Keywordキーワード