働きがいを応援するメディア

2021.3.10

コンフリクトとは?ビジネスにおけるコンフリクトを理解し企業を変革する!

近年、社会的な現象として「コンフリクト」についての関心が高まっています。ビジネスにおいても、「コンフリクトとは何か」を理解しておくことは大切です。この記事では、コンフリクトに関する基礎知識や手法について紹介しつつ、ビジネスでコンフリクトが起こる理由や解決方法、メリットなどについても解説していきます。

コンフリクトとは?

コンフリクト(Conflict)は、英語で論争・争い・衝突などを意味する言葉です。現在では、ビジネス用語としても使われるようになりました。ビジネスにおいても、コンフリクトは対立や衝突などを意味しています。異なる意見や要求などがぶつかり、緊張状態にあることをコンフリクトというのです。従来の年功序列社会において、対立することはデメリットが大きいと捉えられがちでした。しかし、コンフリクトが起こる理由を知り解決に導くことには多くのメリットもあるのです。変化の大きい現代社会では、ビジネスにおいてもコンフリクトについて理解し実行することが求められています。

コンフリクトマネジメントとは?

ビジネスにおけるコンフリクトについて、基本的な知識を押さえておきましょう。コンフリクトは、ネガティブに評価されがちな内容のため、ビジネスでは従来のように衝突を避けるやり方に流されがちです。しかし、新しいコンフリクトマネジメントでは、コンフリクトが起こっている状況を組織の活性化や成長の機会と捉えることが大切と考えられています。これは、対立を積極的に受け入れて問題解決を図ろうとする新しい考え方なのです。コンフリクトマネジメントは、変革が期待される組織の運営や医療分野などで活用されつつあります。

コンフリクトが起こる理由

ビジネスでコンフリクトが生じる場合、そこには必ず理由があります。異なる立場での意見の対立だけでなく、感情的なものや価値観の違いなどが主な理由です。ここでは、コンフリクトが起こる3つの理由について解説していきます。

条件の対立

ビジネスをするうえで、異なる立場の人と関わっていくことは避けられません。例えば、上司と部下といった上下関係や仕事内容の違いなど、さまざまな立場の人が関わることになります。一人ひとりの立場には差異があるため、目標や条件も異なり意見も対立するのは当然です。条件の対立になりやすいものとしては、「コストに対する品質」「納期に対する安全」「売り上げ増に対するコストダウン」などが代表的な争点になりやすいでしょう。

感情の対立

ビジネスでは、「気持ち」が原因でコンフリクトが起こることもあり、これは感情的な対立となるため解決が難しくなります。立場や考え方の違いなどによる対立が、解決されず長期化してしまうと原因が複雑に絡み合って根深い感情の対立になりやすいため注意が必要です。感情の対立では、「優越感に対する劣等感」「満足に対する後悔」「愛情に対する無関心」などが主な争点になります。

認知の対立

ビジネスで同じ仕事に携わり共通の戦略を行う場合でも、考え方や価値観は人によって異なります。こうした認知の違いは、対立の原因になりやすい傾向です。例えば、同じ目標や方針に対しても解釈は人によりさまざまなため、コンフリクトが起こりやすくなります。認知の対立では、「理想に対する現実」「印象に対する事実」といった違いも争点となるでしょう。

コンフリクトを解決するポイント

ビジネスで対立が起こった場合には、一つ一つの原因を見極めて解決していくことが大切です。ここでは、コンフリクトを解決するための3つのポイントについて解説します。

「何」であるかを意識する

コンフリクトが起こったときに避けるべきは、「原因が相手にある」と決めつけてしまうことです。人間性を否定されると、相手は感情的になってしまい議論の余地がなくなってしまいます。対立の原因は、「誰」にあるかではなく「何」にあるのかを探ることが解決への一歩となるでしょう。「コンフリクトの原因が相手の人間性の問題」と結論づけてしまえば、解決の糸口を見つけだすことが難しくなってしまいます。あくまでも、相手の人間性を尊重しながら話し合いをすることが大切です。

ポジティブな企業風土を作る

企業が持つコンフリクトに対する考え方を変化させていくことも、一つのポイントです。それには、従来のネガティブなコンフリクトに対する考え方を変えて、社内をポジティブに受け入れる風土にすることが大切になります。異なる意見があっても協調してコンフリクトを解決し、企業をより活性化させて改革していくことが重要な時代になってきました。企業の風土自体を変えていくことには、大きな意識変革が必要なため、経営陣はしっかりとコンフリクトマネジメントを理解しておきたいところです。

早急に対処する

コンフリクトの解決で、最も優先させたいポイントは「早急に対処する」ことです。対立が解決されず長期化すればするほど、「関係する人の関係は悪化し感情的になりやすい」という現象が起こりかねません。そうならないように、コンフリクトに対する早期の対応が大切です。ビジネスにおいて、コンフリクトの状態が長期間にわたって続くなら、ひいては企業の運営の妨げにもなりかねません。そうなれば、結果的に売上や生産力、競争力までもが低下する事態になる可能性もあります。将来を見据えたときに、その場しのぎではないコンフリクトに対する早急な対応が、最悪の事態を回避するための得策になるのです。

コンフリクトマネジメントのメリット

コンフリクトを解決していくと、大きなメリットが得られるでしょう。ここでは、コンフリクトマネジメントを実施することで得られる3つのメリットについて解説します。

風通しが良くなる

企業内でコンフリクトマネジメントが行われる場合、社員は自分の意見を発信しやすい環境になります。「対立するのではないか」と心配していれば、企業にとって有益な意見でも発言しにくくなるでしょう。企業がコンフリクトマネジメントを行うことで、議論できる環境を整えられ社内の風通しがよくなるため、議論そのものの質も向上が期待できます。質のよい議論ができる会議から得られるメリットは大きいでしょう。

新しい考えが生まれやすくなる

従来のビジネス手法では、対立を恐れることで少数の意見が通りがちでした。しかし、コンフリクトマネジメントを行うことで、「社内の意思疎通が活発化する」というメリットが得られます。そうなれば、一人だけでは思いつかないような新たなアイディアも生まれやすくなるでしょう。視点の異なる意見が多く出されるため、多角的なアイディアが組織運営にプラスの要素をもたらすことが期待できます。変化の激しい現代社会では、利益を生むために企業の変革も求められているため、コンフリクトマネジメントを行う場合は、新たに得られる貴重なアイディアを活用できるでしょう。

コンフリクトマネジメントを実用しよう

コンフリクトマネジメントは、相手と争うものや対立を安易に避けるものではありません。ビジネスシーンでコンフリクトが起こった理由には、さまざまなものがあるため、しっかりと分析する必要があります。企業は、対立への適切なアプローチを行い問題解決に当たることが大切です。コンフリクトを企業の戦略として効果的に扱うことは、健全で強固な組織としての必要条件といえるでしょう。

サイダスのタレントマネジメントシステム「CYDAS PEOPLE」は人材情報を一元化でき、社員の雇用情報も管理できるシステムです。評価やキャリア支援まで一気通貫して実現できます。
また、勤怠や給与のシステムとデータ連携することで、組織の状態をダッシュボードとして俯瞰的に見ることができ、人事や経営の意思決定にも役立てられます。
組織課題に合わせたご利用ができますので、まずはお気軽にご相談ください。

Category

Knowledge

Keyword

Keywordキーワード