2020.03.13

リファラル採用とは何?注目されている背景や活用するメリット・デメリット

リファラル採用とは何?注目されている背景や活用するメリット・デメリット

新規採用を考える際、企業が求めるような人材が集まるとは限りません。採用手法といってもさまざまなものがあります。良い人材を得るために、リファラル採用に興味を持っている人事担当者は多いのではないでしょうか。ここでは、リファラル採用とは何なのか、メリットやデメリット、実行する際のポイントについて解説します。

リファラル採用とは

リファラルには紹介という意味があります。つまり、リファラル採用とは人材を紹介してもらう採用方法のことです。この場合の紹介者とは主に自社の従業員を指します。従業員の友人や先輩、後輩、以前働いていた企業の元同僚など、人脈を活用した採用方法がリファラル採用です。リファラル採用以外には「社員紹介採用」や「リファラルリクルーティング」という呼び方もされています。

リファラル採用に興味を持つ企業は日本で増えていますが、以前から取り入れられているのはアメリカです。リクルートワークス研究所の資料によれば、米国の採用コンサルティング会社CareerXroadsの調査で全体の28%がリファラル採用と回答しています。続いて多いのは求人求職サイトで、全体の20.1%です。この数字を見れば、リファラル採用がアメリカで主流の採用方法であることがわかるでしょう。日本で多い大学からの採用は、アメリカの場合はわずか6.6%と低いのも特徴的です。

リファラル採用が注目されてる背景

日本でリファラル採用が注目を浴びるようになった背景の一つに、労働人口の減少があげられます。みずほ総合研究所によると、2065年には日本の労働人口は4割ほど減少するとしています。これは、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口」と総務省の「労働力調査年報」をもとにみずほ総合研究所が算出したものです。労働人口の減少には少子高齢化が大きく影響しています。高齢者が増える一方で、労働が見込める年齢層が減少しつつあるのです。非労働人口の中には健康上の問題や育児などの事情で働けない人も含まれています。しかし、高齢化の影響のほうがはるかに大きく、労働者の確保は厳しくなりつつあるといえるでしょう。

さらに、人材確保を困難にしているのは採用市場の激化です。優秀な人材が採用できるかどうかは企業の明暗を分けることになります。しかし、他者との競争の中、少ない労働人口から優秀な人材を得るのはなかなか難しいのが現状です。採用イベントや求人求職サイトだけでは十分な人材確保は見込めません。このような背景から、通常の求人と併用して自社の従業員からの紹介を検討する企業は増えつつあるのです。

リファラル採用と縁故採用の違い

リファラル採用と混同されやすいものに縁故採用があります。縁故採用も従業員など企業関係者の紹介による採用方法です。どちらも紹介という共通点があり、一見同じように感じるかもしれません。しかし、実際には大きな違いがあるのでよく理解しておきましょう。縁故採用の対象は家族や親族といった血縁関係が主です。中には大切な取引先の家族といった場合もあります。いずれにしても、企業に何らかの関係を持つことを条件とした採用方法のことです。

縁故採用はあくまで関わりがあることが条件であるため、スキルや能力は採用基準に含まれません。これに対してリファラル採用の場合は、十分な能力やスキルを持っているかどうかで判断されます。その人を良く知る従業員の紹介であれば、自社に必要な人材であるかどうか判断しやすいでしょう。リファラル採用には、自社が求める人材を身近な従業員から紹介してもらうという明確な目的があるのです。

従業員が知人に自社を紹介する主なパターン

リファラル採用といっても、ケースはさまざまです。人脈が豊かな従業員ほど、自社に必要な人材を紹介してもらえることが期待できます。中堅社員に多いものでいえば、同窓会などの場で同窓生に再会するというケースです。または、帰省の際に旧友と久しぶりに会うことが紹介につながることもあります。長らく会っていない友人や知人の場合、話題にあがりやすいのは仕事のことです。一緒に部活動をしていた後輩や先輩などの紹介も期待できます。従業員との接点が薄いケースでは、配偶者の友人などがあげられます。しかし、配偶者から自社の話をしてもらうという流れで実現することは可能です。普段から家族ぐるみで付き合いのある人物なら、自然な会話の中で紹介につながるかもしれません。それ以外で多いのは、以前勤務していた職場の同僚や後輩といったケースです。

リファラル採用のメリット

リファラル採用のメリットを見ていきましょう。まず一つは、採用市場に出る前の優秀な人材確保が可能なことです。非労働人口の中には、病気や育児などの事情を抱えて一時的に離職した人もいます。やむを得ない事情を抱えている場合、機会があれば働きたいという希望を持っている人は多いといえます。リファラル採用はそのような人材に直接アプローチができ、自社へスムーズに採用することができるのです。また、従業員の知人であれば同じような価値観を持っている可能性があります。自社に合わないミスマッチな採用を防げるというメリットも期待できるでしょう。

従業員の紹介であれば人柄やスキルも判断しやすく、選考にかける時間も短縮できます。入社した後も職場に馴染みやすいというメリットもあります。企業にとって困るのは離職率が上がってしまうことではないでしょうか。しかし、はじめから社内に知人がいれば早期の離職を抑えやすいといえます。求人にかかるコストを削減できることもリファラル採用のメリットです。通常、人材を確保するためには求人広告や求人サイトなどを利用することになります。しかし、紹介であれば広告などの費用はかかりません。

リファラル採用のデメリット

リファラル採用はメリットばかりではありません。同じような価値観の人材が集まりやすいことはデメリットにもなります。企業が新たな製品の開発やサービスを展開していくうえで、多様な価値観が求められる場面も出てきます。例えば、若い女性をターゲットにした家電品の開発が必要になったとします。ところが、職場のほとんどが年配の男性で占められていれば、顧客のニーズを掴むのは難しいかもしれません。このように、人材の価値観や能力に偏りが出てしまうと、企業の成長や変化のチャンスを阻害する可能性が出てきます。

また、せっかく入社してもらっても紹介者との間にトラブルが発生することもあります。そのような事態になれば、どちらかが離職する可能性が高まるでしょう。離職は免れる場合でも、業務に支障が出るかもしれません。意外なところでは、紹介であってもミスマッチが生じることです。紹介によるミスマッチは、従業員から自社の情報がうまく伝わっていないときによく起こります。ミスマッチを防ぐためには、自社が求める人物像について事前に説明をしっかり行っておくと良いでしょう。

リファラル採用はどんなときに活用すれば良いか

自社が求める人材を探すには時間がかかります。能力やスキルだけであれば履歴書や職務経歴書から読み取ることは可能です。しかし、価値観や人柄、コミュニケーション能力などはなかなか判断できません。せっかく時間やコストをかけても、短期間で離職されてしまうこともあります。ミスマッチや離職といったリスクを避けたいと考えている企業には、リファラル採用は向いているといえるでしょう。

または、単純に採用コストを削減したいときにもリファラル採用が適しています。経費を抑えたい企業にとって、コストの問題で人材を増やせないことはデメリットにつながります。求人募集の広告を出すにはコストがかかります。自社の公式サイトに求人募集を掲載することも可能ですが、誰もが見てくれるとは限りません。リファラル採用なら、従業員が自社に適した人材にダイレクトにアプローチしてくれます。

リファラル採用のポイント

1.求める人物像を明確にする

リファラル採用を行う際、もっとも重要なポイントは欲しい人物像を明確にしておくことです。単に「誰か良い人を紹介して欲しい」という漠然としたものでは、従業員も困惑します。それでは、どのような知人に声をかけたらいいか判断できません。まずどのような人材が必要なのかというところから考えていきましょう。必要な資格は何か、どのような実績を持っていると好ましいかをあげていくのです。例えば「営業実績が豊富で即戦力になる人物」と絞るだけでも具体性を出すことができます。

人物像を明確にすることが難しい場合は、はじめに社内の問題点を追求するという方法もあります。顧客からの要望やクレームなどを参考にするのもいいでしょう。業務を拡張する場合には、新しい事業に必要な内容をあげていくのです。そうすることで、自社にどのような人材が適しているのか具体的になってきます。人物像が見えてきたらそれらの条件をまとめて従業員に周知しましょう。

2.従業員を巻き込む体制を構築する

リファラル採用で一番頼りになるのは自社の従業員です。従業員の協力がなくては、この採用方法は成功しません。経営側だけで準備を進めていくより、早い段階から従業員を巻き込むこともポイントです。そのためには、紹介による採用を実施することをまず従業員に発信していきましょう。人事担当者から発信するのも良いですが、経営者自らメールや動画などで発信するのも良い方法です。または、社内報にインタビューとして掲載するという方法もあります。

経営側からの積極的な働きかけがあれば、従業員の関心を高めることが可能です。注意点としては、従業員に向けて発信する際に企業理念も同時に浸透させることです。従業員を巻き込むことで、採用について社内全体で話題にしやすくなります。従業員の関心が高まれば、紹介で入社してきた従業員に対して誰もが親近感を持ちやすいかもしれません。特定の従業員だけに紹介を依頼するのではなく、全社員を対象にすることもポイントです。

3.候補者に自社の悪い所は隠さない

優秀な人材を紹介されれば、何としても入社して欲しいと考えるのは当然といえます。しかし、だからといて自社の欠点を隠してしまうと後で問題になるかもしれません。従業員の知人に自社を紹介してもらうときは、良い部分と悪い部分の両方を伝えてもらいましょう。たとえ良い面だけを見て入社してくれた場合でも、勤務しているうちに自然にわかることは多いものです。話が違うと判断されれば早々に離職することもあります。紹介してくれた従業員との関係も悪化するかもしれません。

しかし、実際に企業が抱えている問題を第三者に伝えるのは難しいことです。上手に伝えるには、問題点に加えて改善されつつあることも伝えておきましょう。悪い部分があったとしても、企業がそれにきちんと向き合っていることを理解してもらうのです。仮に取り組んでいない場合であっても、社内全体で改善していくきっかけにできます。

4.インセンティブを効果的に活用する

紹介してくれた従業員に対して、何らかの形でインセンティブ制度を設けるのもポイントの一つです。ただし、報酬として考えることは危険なので注意しましょう。労働者の紹介に対して自社の従業員に報酬を与えることは、職業安定法の40条で禁止されています。そのため、実際にインセンティブ制度を導入する際は、どのような形をとることが適切か慎重に決めなければなりません。例えば、食事補助制度という形にするのも一つの手段です。

インセンティブ制度を決めていくには「1回の紹介に対していくら」という設定をしておきましょう。法律が絡む問題なので、専門家に相談することが重要です。インセンティブ制度は高額な場合でも5万円程度までと考える専門家もいます。あまり高額になると、インセンティブを目的に紹介に力を入れる従業員が出てくることが危惧されるからです。実際には弁護士など専門家によって意見が分かれます。インセンティブ制度の導入には管轄の労働局または労働基準監督署に相談することが好ましいでしょう。

5.他の採用手法も並行して活用する

従業員から紹介してもらうことは、自社に合った人材にダイレクトにアピールできる手段です。しかし、必ず求めている人材が確保できるとは限りません。他の採用方法も並行して実施していくこともポイントです。そうすることで、紹介に加えて多くの応募者を増やすことができます。ここで注意したいのは、採用にかけるコストです。できるだけコストを抑えていく方法を考えていきましょう。

コストを抑えながら応募者を募る方法としては、SNSの活用が有効です。SNSを利用したソーシャルリクルーティングなら、不特定多数の人に呼びかけることもできます。SNSなら応募者の情報を把握することもでき、事前に自社に合う人物かどうか判断しやすいでしょう。選考にかける時間短縮にもつながります。ダイレクトに働きかけたい場合はイベントを実施するという方法もあります。イベントなら企業の雰囲気を知ってもらうこともできますし、開催日程をSNSで呼びかけることも可能です。他には、人材データベースを利用するという方法もあります。

リファラル採用に成功した企業事例

1.株式会社メルカリ

株式会社メルカリは、リファラル採用を実施して成功させた企業事例の一つです。株式会社メルカリでは6割もの従業員がリファラル採用で入社しています。これは広い人脈を持つ従業員が多いということでもありますが、企業努力も成功の要因です。株式会社メルカリでは社内外の交流イベントを積極的に実施しています。こうすることで、従業員の友人や家族にとって企業が身近なものになるのです。企業側が欲しい人材にアプローチしやすいのも、メリットではないでしょうか。もう一つの成功要因は、上手に従業員を巻き込んでいることにあります。採用活動のスケジュールを従業員にも公開しているため、経営側が採用活動に関わっていることをアピールできます。こうすることで、従業員のモチベーションアップにつなげているのです。

2.freee株式会社

freee株式会社の場合は、全体のおよそ5割がリファラル採用で入社を果たしています。freee株式会社の成功要因は、従業員の友人が気軽に足を運びやすい環境作りに力を入れたことです。友人や知人の勤務先を訪問することに気が引けてしまう人は多いでしょう。緊急の用事でもない限り、なかなか訪問する機会はないかもしれません。freee株式会社では、夕食に無料でお弁当を出すことで、友人を気軽に呼べる体制作りをしています。さらに、自社が求める人物像を明確にし、従業員に伝えることにも積極的です。実際に紹介をしてくれた従業員に感謝の気持ちを伝えることも忘れません。リファラル採用をするうえで従業員は大切な協力者です。その基本的な考え方を大切にしていることが、freee株式会社の成功要因といえます。

3.株式会社LIG

株式会社LIGは、ユニークな方法でリファラル採用を成功させています。「LIGスカウトキャンペーン」と題した紹介キャンペーンの実施によって通常の4倍に当たる採用を実現しました。「LIGスカウトキャンペーン」はチーム単位で友人などの紹介に向けて競うというものです。「LIGスカウトキャンペーン」ではもっとも紹介者数が多かったチームを優勝とし、プレゼントの贈呈を行っています。「LIGスカウトキャンペーン」は1カ月間実施されました。チーム単位で行うことで社内が一体となり、同時にモチベーションアップにつなげることも可能です。株式会社LIGのような取り組みを実施することで、自社の従業員を自分たちで探すという意識が高まるのではないでしょうか。

リファラル採用で潜在層にアプローチしよう!

リファラル採用は求人募集にかけるコストを節約できるというメリットがあります。しかし、それ以上に市場に出ない優秀な人材確保につながることも大きなメリットです。従業員の友人や知人であればミスマッチのリスクも防ぎやすくなります。今回紹介した注意点やポイントを踏まえて、リファラル採用を上手に活用してみましょう。

関連記事一覧

人気記事一覧

カテゴリー