サイダスは、地銀と一緒に新しい働き方を考えていきます

サイダスは、地銀と一緒に
新しい働き方を考えていきます

変化し続ける時代の銀行と人事

-vol.1-

翻訳ツールとしてのサイダス

ーサイダスのタレントマネジメントシステムは、きらぼし銀行にどんな影響をもたらしていますか?

ログイン数もどんどん伸びて、当初掲げていた「職員同士の顔の見える化や情報の見える化」といった目標は、すでに達成されていると感じます。本部の職員が、営業店に行く前に、事前にそこにいる人を調べたりだとか、マネージャー層であれば、部下のキャリアプランや育成を考えるのに役立てたりだとか、それぞれが自由にサイダスの製品を使っている印象ですね。

インタビュー記事を見る

-vol.1-

変化し続ける時代の
銀行と人事

翻訳ツールとしてのサイダス

ーサイダスのタレントマネジメントシステムは、きらぼし銀行にどんな影響をもたらしていますか?

ログイン数もどんどん伸びて、当初掲げていた「職員同士の顔の見える化や情報の見える化」といった目標は、すでに達成されていると感じます。本部の職員が、営業店に行く前に、事前にそこにいる人を調べたりだとか、マネージャー層であれば、部下のキャリアプランや育成を考えるのに役立てたりだとか、それぞれが自由にサイダスの製品を使っている印象ですね。

インタビュー記事を見る

行員のwillを大切に
システムを活用したキャリア支援

-vol.2-

定量目標がないからこそ、
暗黙知には頼れない

ーサイダス導入以前に抱えていた課題と導入のきっかけについて教えてください

2017年に評価制度を変えて、従業員のスキルや能力をどうにかして見える化する必要に迫られた、というのが一番大きな理由でしょうか。それまで、大分銀行では、定量目標と定性目標の二つを使った評価制度を運用していました。ですが、定量目標を設けることでどうしても目先の収益を追ってしまう。大分が継続的に発展していくためにも、定量目標を無くし、「行動のプロセスを評価していきましょう」という風に評価制度を見直したんです。

3月5日(金)公開!

3月5日(金)公開!

-vol.2-

行員のwillを大切に
システムを活用した
キャリア支援

「地銀とプロジェクト」とは

「地銀とプロジェクト」
とは

『地銀とプロジェクト』は、地銀とサイダスが新しい働き方を考えていくためのプロジェクトです。
地銀の皆様の横のつながりを大切にしながら、システムを活用した地銀の人事施策や新しい働き方を一緒に考えていきます。

特別資料

人事が主導する組織改革
ーきらぼし銀行の実践ー

3行の合併後、「職員の顔と名前が一致しない」「バラバラな人事制度が共存している」といった課題を抱えていたきらぼし銀行。タレントマネジメントシステム導入の経緯、ワークショップを活用した各施策について知ることのできる特別資料です。

特別資料

人事が主導する組織改革
ーきらぼし銀行の実践ー

3行の合併後、「職員の顔と名前が一致しない」「バラバラな人事制度が共存している」といった課題を抱えていたきらぼし銀行。タレントマネジメントシステム導入の経緯、ワークショップを活用した各施策について知ることのできる特別資料です。

限定資料をダウンロードする

限定資料ダウンロードフォーム

「人事が主導する組織改革 ーきらぼし銀行の実践ー」は
以下のフォームよりダウンロードできます。

入力フロー

※リモートワークの方は携帯番号をご記入ください

※下記の個人情報の利用についての文書を
必ずご確認ください。

個人情報の取り扱いについて
個人情報保護方針