2020.02.28

OKRとは?世界的有名企業が取り入れる目標管理方法について

OKRとは?世界的有名企業が取り入れる目標管理方法について

会社の目標と個人の目標を正しく紐付けることができていない企業も多くあるかもしれません。より良い利益を生み出すためには、会社と個人の目標を紐付ける、目標設定が必要になります。目標設定のためにはOKRという目標管理方法を取り入れるのが良いでしょう。OKRは世界的な有名企業でも取り入れられている方法です。ここでは、OKRについて、詳しく解説していきます。

OKRとは?その仕組について

OKRは「Objectives and Key Results」の略です。会社が定める目標と、その会社で働く社員の目標を紐付ける目標管理方法のことを指します。世界的な有名企業でも導入されていることから、多くの企業から注目されるようになったのです。OKRでは、まず、会社としての目標を、達成するための鍵となる重要な成果に分解していきます。目標に対して、それを達成するためにはどのような要素が必要かという成果指標を出していくのが効果的です。会社としての目標は、具体的にどのようなことを実現したいのかや、どのくらいの売上を目指したいのかなどを決めます。

それに対する重要な成果は、その目標を達成するためには、1日当たりの売上はどのくらいにすれば良いのかや、顧客満足度をどれくらい高めたら良いのかなどの内容が当てはまります。会社としてのOKRが出せたら、この作業と同様に、チームと個人の目標の鍵となる重要な成果をそれぞれ決定していきます。会社、チーム、個人のそれぞれの鍵を決定したら、会社とチーム、また、チームと個人の目標の鍵となる重要な成果を紐付けていきましょう。このように、それぞれの階層ごとの鍵となる成果を紐付けていくことで、個人の目標達成が会社としての目標達成に貢献できることが分かるように繋げていくのが大切です。

OKRを導入するメリットとは

OKRを導入することのメリットはいくつかあります。まず1つ目は、社員の成長を促進することができるという点です。OKRでの目標設定では、達成率が60~70%になるように設定することが多くなっています。達成できないほど高すぎる目標ではなく、かといって、簡単に達成できてしまうほどの目標は設定しません。そのため、常に個人が現状に甘んじることなく、さらに高い目標を掲げ、それを達成できるように促すことができるのです。また、OKRでは従来の計画方法に比べても高頻度で設定や再評価ができるという特徴があります。

そのため、社員も目標に対しての進捗状況を高頻度で振り返ることができ、常に目指すべきゴールを見据えながら仕事に取り組めるのです。また、会社と社員の目標を紐付けることができるのもOKRのメリットといえるでしょう。OKRは会社のビジョンや理念に紐付けたものに設定します。会社の目標とその達成の鍵となる重要な成果をチームの目標と紐付けていくことで、会社はどのような方向で進んでいきたいのかをはっきり示すことができ、また、社員も自分たちに期待されているのはどのようなことなのかを把握できます。そして、最終的に個人のKey Resultsに繋げることで、生産性をより上げることも可能になるでしょう。

さらに、チームのKey Resultsは個人のObjectiveと紐付けて考えるため、チーム全体の目標意識を統一できるだけでなく、その目標を達成するために、それぞれのメンバーが責任を持って日々の業務にあたれるようになります。何のために働いているのか、よく分からないまま業務をこなすのと、自分が達成するべきことは何なのかや、チーム全体で目指すべきゴールが分かりながら働くのとではやりがいの大きさも異なるのです。

KPIやMBOとの違い

目標設定方法のフレームワークはOKRだけではありません。ほかにも、KPIやMBOをはじめとした、いくつかの方法があります。OKRは組織と個人の目標を統一させる目標管理方法であるのに対し、MBOは組織としての目標と個人としての目標をそれぞれ出したうえで、それを統一させる目標管理方法となっているのです。また、KPIは最終的な目標を別で設定し、その目標を達成するために重要となる中間管理指標のことを指します。特にMBOは1970年代から目標管理方法として主流となってきた考えかたであり、OKRと比べられることも多くある方法です。

しかし、OKRとMBOは、目標の位置づけや振り返りの位置づけなど、いくつかの点で異なっています。たとえば、目標の位置づけに関しては、OKRは会社とチーム、個人の目標がすべて繋がっているため、オープンに扱われることが多いです。一方、MBOの場合は、個人単位で設定され、それが人事評価に繋がるので、クローズに扱われています。組織の活性化や業務の効率化を目標にしたOKRに対し、MBOは個人の賃金査定のために活用される目標管理方法となっているのです。また、設定した目標に対しての振り返りでは、OKRは高頻度の振り返りが推奨されていることからも分かるように、目標設定した次の週には進捗状況を確認する作業をすることもあります。

しかし、MBOでは、評価のタイミングでの振り返りとなるので、半年もしくは1年に1回となるでしょう。他方、KPIをOKRと比較すると、目標を達成するための過程の細分化をおこなっているという点は同じです。しかし、OKRでは会社全体で導入し、全部署かつ全社員に実行させているのに対し、KPIは導入するかどうかを部署単位で決定していきます。これは、KPIが目標達成のためのプロセス評価をおこなうために導入されることが多いというのも理由の1つとなるでしょう。

OKRの導入と運用方法

OKRを導入することで、企業としての目標を社員に明確に提示できるようになるだけでなく、チームも社員個人も、その目標を達成するためには何をすれば良いのかを明確にすることができます。このような目標管理方法を取り入れることで、組織全体の活性化に繋がったり、業務の効率化が図れるようになったりするというメリットがあるのです。ここからは、OKRの具体的な導入方法と運用方法について解説していきます。OKRを導入しても正しい運用方法をおこなわないと、正しい成果が出ないこともあるでしょう。しっかりと運用方法を学び、生かしていくことが大切です。

ステップ1.目標(Objectives)の設定

効果の高い成果を得るためには目標(Objectives)の設定が大切です。目標は、簡単に達成できるものではなく、到達できるかどうかわからないくらいの難易度の高いものを設定するようにしましょう。理想的な数値としては、達成率が60~70%程度になるのが良いといわれています。また、定量的な数値や誰が見ても分かるような言葉を使って表現することが大切です。OKRにおける目標は、個人だけでなくチーム全体で共有する必要があります。分かりやすい言葉で表現することで、全員の目標意識を揃えることができ、目標達成に向けた行動にも取り組みやすくなるでしょう。

ほかにも、目標数を3~5個にすることや、期限を明確に区切ることも重要です。目標数に関しては、5個よりも多い数を設定してしまうと、目標に対する集中が分散してしまうため、それぞれの目標に対して効果的な結果が得にくいとされています。一般的には、5個までくらいの目標にしたほうが集中してその目標に向かっていけるので良いといわれていますが、それぞれの目標の難易度が高ければ少なめに設定したほうが良いです。いくつの目標を掲げるかは、メンバーのポテンシャルも考えながら設定するようにしましょう。

なお、定めた目標に期限を設けておくことで、その目標が現実味を増し、メンバーも目標達成に向けて行動しやすいというメリットがあります。期限は、1年もしくは四半期単位で設定されることが多いです。

ステップ2.主要な成果(Key Results)の設定

主要な成果(Key Results)は定量的な目標を設定します。成果も、目標の設定のときと同様に、誰が見ても分かるような分かりやすい表現かつ、数値化した目標を掲げることが大切です。このことにより、客観的な判断が可能になり、目標に対しての結果の測定をするときも容易になるでしょう。なお、成果の目標達成率は70%以上になるように設定していきます。また、1つの達成目標に対しては、3~5個程度の成果目標を設定すると良いです。3~5個の成果目標を立てることで、目標を達成するには具体的にどのような行動をしなくてはいけないのかが、はっきり分かるようになるでしょう。

なお、成果目標を立てるうえで重要なのは、設定した成果目標を達成したことで、最終的な目標が達成できるような仕組みにしないといけないことです。成果目標を達成したにもかかわらず、最終的な目標は達成できないのであれば、目標に対する成果目標を設定した意味がありません。そのような事態を避けるためにも、最終的な目標を達成できるための成果目標をしっかり考えることを心がけるのが大切です。

ステップ3.OKRの共有と公開

目標を達成するためにも、あらかじめ設定したOKRは社内インフラなどを利用して、全社員がいつでも閲覧できる状態にしておくことが必要になります。目標を立てただけで満足して、実際の業務に生かすことができなければ、OKRを導入したのは成功といえないでしょう。全員がいつでも見られるようにして、常に目標達成を意識しながら業務をおこなうことが大切なのです。また、経営陣が全社員の前で、これからの会社の目標に関するプレゼンテーションをおこなうのも有効な手段です。全社員に共有したり、宣言したりすることで、社員の結束力を強化し、更なる効果の発揮を期待することができます。

ステップ4.フィードバック

OKRで目標を立てるだけで良いということではなく、正しい結果を得るには目標の達成度合いを定期的に確認したり、フィードバックをおこなったりするのがおすすめです。このようなフィードバック作業をすることで、はじめに定めた期限内で目標が達成できるかどうかを検証していきます。最低でも月に1回はフィードバックのタイミングを設け、チームで個人目標の達成度合いを確認し、お互いに評価していくことが大切です。このような機会を設けることで、組織全体の達成目標を再認識することに繋がるだけでなく、個人目標の進捗状況をチーム全員が把握できるというメリットがあります。

定期的に確認のタイミングがあると決まっているだけでも、モチベーションアップに繋がることもあるでしょう。フィードバックに関しては、週のはじめに開催されるミーティングであるチェックインと、週の終わりに開催されるミーティングであるウィンセッションの実行が推奨されています。特にウィンセッションでは、一週間で取り組んだことの成果を発表していくため、できなかったことよりもできたことに着目してセッションが進行していくのです。このように、達成できたことに注目する機会を設けることは、社員のモチベーションを保つ機会にもなり得ます。

ステップ5.検証と評価

OKRは目標管理方法なので、最終的に設定した期日に達したタイミングで目標の達成度合いを評価しなくてはいけません。評価では、Key Resultsが70%ほどに到達していた場合は達成と見なすことができます。各部署やチームごとに達成度合いを算出し、どれくらいの達成率であったのかを全社員に公開、共有するのです。OKRではあらかじめ、目標と結果をすぐに確認できるようにしてあるため、評価にはあまり時間を必要としないでしょう。目標を達成できた場合も、そうでない場合も、取り組みの過程や評価内容は次回のOKR設定や経営の最適化に生かすことができます。そのため、それらを貴重な材料としてしっかり把握するようにしましょう。

OKRの導入事例

1.Google

世界的なテクノロジー企業であるGoogle社もOKRを導入している企業の1つです。Google社は2000年代初頭にOKRを導入しました。1年と四半期毎にOKRを設定し、四半期のOKRでは全社を対象として目標の評価を実行しているのです。Google社におけるOKRの運用では高い目標に対して、達成率70%を設定しています。このような高い達成率を設定することで、優秀な人材とのエンゲージメントを高めるほかに、働いている社員個人やチーム全体に活気やワクワク感を与えているようです。

なお、Google社では、実際のOKRの活用事例などについて発信をおこなうことで、ほかの企業でもOKRを導入する手助けをしています。世界中の企業で普及する前から導入し、試行錯誤を繰り返してきたGoogle社だからこそ伝えられることがたくさんあるのです。

2.メルカリ

また、日本を代表するIT企業であるメルカリ社もOKRを導入しています。メルカリではグループ全体から各事業部、各部署、各チームを経て個人という単位での落とし込みがおこなわれていて、評価も四半期ごとに実行されているのです。なお、進捗状況はイエローやレッドといったような表現が用いられていて、どのような状況なのかが分かりやすいように設定されています。また、日々の面談やミーティングで評価をおこなうだけでなく、事業部の進捗状況確認については毎週おこなわれる会議もしくは隔週でフィードバックしているのが特徴です。

メルカリでは達成率を50%に設定し、目標はチャレンジングでワクワクするものにすることで、挑戦を後押しする風土を生んでいます。

OKRを活用するために重要なこと

OKRにおいて設定する目標は簡単すぎても難しすぎても良くないので、達成率は60~70%にするのが良いでしょう。また、目標を設定する際は、社員も巻き込んで、意見を聞きながら決めていくことが大切です。このようにして、目標に対する納得感を高めたうえで設定をしないと、経営陣と社員との間に意識の溝が生まれてしまう可能性もあるので気を付ける必要があります。ほかにも、達成度合いを人事評価に反映させることは良くありません。本来、OKRは全社員共通の目標と目標達成度指標を明確にすることで、会社の全体的なコミュニケーションを促進したり、生産性を上げたりするために利用されるべきものです。

実際、日本企業の中にはOKRを人事評価制度と繋げるために導入しているところもありますが、本来の使いかたとは異なります。人事評価制度として利用するのであれば、MBOを導入するなど、OKRとは別のものを取り入れるべきです。ほかにも、目標や進捗状況を常に確認できるような社内環境を整える必要があります。決められた期日までに目標が達成できるように、常に状況を確認し、日々の業務から意識して行動していくことが大切です。

OKR支援システム「banto」

OKRの目標は階層構造が増えるごとに煩雑になり、管理が難しくなったり、日々の業務が忙しくなってしまうと目標管理が疎かになってしまったりするという問題も起こります。このような問題を解決するために、OKR支援システムの「banto」(https://banto.jp)を利用するのも良いでしょう。「banto」は1on1のクラウドツールです。このツールは、毎日決まった時間にメンバー個人に対して、それぞれが定めた目標の進捗状況をチャットで質問する機能を兼ね備えています。

メンバーはその質問に回答するだけで、回答に沿ったレポートは自動的に作成されるので手間もかかりません。コメントを残したい場合や、進捗状況を確認したい場合も、その画面からおこなえるので、業務が忙しい社員でも手軽に実行可能です。お互いの目標評価を簡単にできるのがメリットとなっています。

OKRをうまく組織に取り入れよう

OKRを導入し、組織と個人の目標を紐付け、定期的にレビューをおこなうことは社員のワクワク感を高めることに繋がるだけでなく、モチベーションを維持する効果もあるでしょう。また、会社全体の目標達成意識を高めることができるので、売上アップなど会社の利益を向上させることにも繋がります。導入の際には、毎日の進捗管理とフィードバックを徹底することが大切なので、クラウドツールを活用しながら実行していきましょう。

関連記事一覧

人気記事一覧

カテゴリー