働きがいを応援するメディア

2021.2.12

誤解されがちな「メラビアンの法則」!正しい意味と活用方法とは?

ビジネスシーンでしばしば耳にする言葉のひとつに、「メラビアンの法則」というものがあります。コミュニケーションスキルの向上に役立つなど考えられていますが、どのような法則なのか詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。メラビアンの法則は誤解されている点も多いため、正しい知識をつけておくことが大切です。今回は、そんなメラビアンの法則の詳しい内容と活用方法を紹介します。

メラビアンの法則とは?アルバート・メラビアンの実験

メラビアンの法則とは、人と人がコミュニケーションを図る際、実は「言語情報7%」「聴覚情報38%」「視覚情報55%」という割合で影響を与えていることを示した心理学上の法則です。アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンによって提唱され、別名「3Vの法則」や「7-38-55ルール」などとも呼ばれています。メラビアンは、聴覚から得られる情報と視覚から得られる情報、そして言葉そのものが持つ情報のうち、どれがどの程度影響を与えるかを実験しました。たとえば、「Maybe(おそらく)」という言葉をさまざまな口調で録音し、実験の参加者に聞かせて反応をチェックするといった具合です。

すると、柔らかい口調の「Maybe」を聞いた人より、強い口調の録音を聞いた参加者のほうが、より強く説得力を感じたことがわかりました。言葉そのものが持つ意味よりも、聴覚から得た情報で判断が左右されたことになります。さらに、「好意」「嫌悪」「中立」を示す表情の写真を用意し、それぞれの表情と矛盾するイメージの言葉と組み合わせて参加者に見せ、反応を確認しました。たとえば、「ありがとう」という言葉を、「怒りの表情」の写真や「不機嫌な口調」の録音と組み合わせ、参加者に聞かせたのです。このとき、参加者が本来の言葉の意味通り「好意」を感じ取れば言葉そのものの影響力が強く、逆に「嫌悪」を感じれば視覚や聴覚から得た情報が優先されたことになります。

このような実験を繰り返し、人が言語・聴覚・視覚から得られる情報のうち、どれがどの程度優先されるかを確認していったのです。その結果、コミュニケーションには「言語情報7%」「聴覚情報38%」「視覚情報55%」の割合で影響しているという「メラビアンの法則」が導き出されました。

実験から分かる「非言語コミュニケーションの重要性」

メラビアンが行った実験からわかったことは、「非言語コミュニケーションがいかに重要か」という点です。コミュニケーションをとる際は話の内容が重要だと思いがちですが、実際には言語情報はわずか7%しか優先されていないことがわかりました。もちろん、話の内容を正しく理解したり伝えたりするために、言葉そのものが持つ意味は重要です。しかし、実際には聴覚と視覚から得る情報が93%優先される結果となり、言葉よりも「イメージ」が影響する可能性が非常に高いことを示しています。

メラビアンの実験でもあったように、言葉と口調・表情などが一致していない場合、人は表情やパフォーマンスを優先して判断する傾向にあるということです。無意識のうちに、非言語コミュニケーションを重視しているともいえるでしょう。

メラビアンの法則3つの要素とは具体的に?

メラビアンの法則を語るうえで、欠かせないのが「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」という3つの要素です。何となくイメージはできるものの、実際の日常生活で考えると何が当てはまるのか気になるかもしれません。次は、この3つの要素について詳しくチェックしてみましょう。

言語情報

言語から得られる情報には、話の内容や、言葉そのものもが持つ意味などが当てはまります。たとえば、メールやSNSなどを使って相手とコミュニケーションをとる場合、そこには基本的に文字しか存在しません。事実を明確に相手に伝えることができますが、声や表情など非言語コミュニケーションが存在しないため、本心や含みを持たせたいことなどがうまく伝わらないケースも多いです。

聴覚情報

聴覚から得られる情報には、声の大きさやトーン、速さや口調などが該当します。話の内容はさておき、怒ったような話し方なのか、明るく話しているのかなど、話し手の感情を読み取りやすいです。顔の見えない電話などでは、基本的に聴覚情報から多くの情報を得ることになります。

視覚情報

視覚から得られる情報には、相手の表情やジェスチャー、視線の動きなどが当てはまります。これらはボディランゲージとも呼ばれ、言葉では表現しにくい感情や考えなどを伝えるのにも効果的です。メラビアンの法則によれば視覚情報が影響する割合は非常に大きく、たとえば「楽しい」と口にしながらつまらなそうな表情をすれば、聞き手は「つまらないんだな」と判断する可能性が高いとされています。

メラビアンの法則の誤解

コミュニケーションをとる際、非言語コミュニケーションが非常に大きな役割を果たすことに間違いはありません。ただし、メラビアンの法則は「非言語コミュニケーションが何より大切だ」と結論付けているわけではないため注意が必要です。非言語コミュニケーションが優先される割合が93%という実験結果だけに注目し、言語コミュニケーションを軽視して「話の内容より第一印象を重視すべき」と誤解されているケースも珍しくありません。

メラビアンの法則は、言語・聴覚・視覚においてそれぞれ矛盾した情報を得たときに、どの情報が優先されるかを調べたものです。ごく単純なコミュニケーションについて、限定された特殊な環境下で実験した結果に過ぎません。日常生活のすべてのシーンで、その法則がそのまま当てはまるわけではないのです。実際の日常会話では、シンプルな言葉や表情だけでなく、もっと長く複雑な言葉やボディランゲージなどを組み合わせてコミュニケーションが行われます。得られる情報量も非常に多く、それらを複合的に利用したり判断したりしなければなりません。

このため、日常的なコミュニケーションに「言語情報7%」「聴覚情報38%」「視覚情報55%」という割合が当てはまるわけではないと、正しく理解しておくことが大切です。メラビアンの法則を拡大解釈するあまり、相手の話の内容を無視するようなことがあっては元も子もありません。非言語コミュニケーションと同様に、言語コミュニケーションも重要なのだということを理解したうえで、ビジネスに役立てていきましょう。

メラビアンの法則の活用で得られるメリット

メラビアンの法則を理解し、コミュニケーションにうまく活用するとさまざまなメリットを与えてくれます。たとえば、取引先との交渉や会議でプレゼンテーションを行う場合を考えてみましょう。どんなに魅力的な内容でも、最初から最後まで淡々とした調子で話すと相手はどう感じるでしょうか。話をつまらなく感じたり、熱意が伝わらなかったりして、失敗してしまう可能性もあります。このとき、話の内容に応じて声に抑揚をつけたりジェスチャーを取り入れたりして変化をつけると、相手の興味をひきつけ、自信や魅力を効果的にアピールすることも可能です。

上司や同僚と話をするときも、無表情で相手をするよりも、しっかり表情を出して相手に共感したり気持ちをわかりやすく表現したりすれば、より信頼を得やすくなります。相手の人柄や求められる人物像などを意識して表現することで、面接に役立つこともあるでしょう。もちろん、ビジネスシーンばかりでなく、日常生活のさまざまな場面でも応用できます。TPOを意識した服装を心がけたり、明るい口調や笑顔で人に接したりすることもメラビアンの法則を取り入れたコミュニケーションスキルであり、相手に好印象を抱かれやすいというメリットが期待できるでしょう。

ビジネスへの活かし方:3つの要素を揃える

メラビアンの法則を活用すると、自分の言いたいことを聞き手により正しく伝えることができます。このとき、「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3要素をしっかり揃えることを意識しましょう。たとえば、相手に感謝を伝えるときは明るい表情や柔らかい口調にする、不満を伝えるときはかたい表情や静かな口調にするなどです。3要素をきちんと揃えることで、「嬉しく感じている」「真剣に伝えたい」などをより強く伝えられるでしょう。

もし、どれか1つでも要素が矛盾していると、聞き手は混乱してしまいます。自分の言いたいことが正しく伝わらないだけでなく、「何となく信用できない」など相手に不信感を抱かせるきっかけにもなりかねません。自分では真剣に対応しているつもりでも、相手にそれが伝わらなければ意味がないのです。特にビジネスシーンでは、たった1度の失敗が取り返しのつかない事態を招くこともあります。円滑な信頼関係を築くためにも、3つの要素を心がけることが大切です。

ビジネスへの活かし方:非言語コミュニケーションに気を配る

メラビアンの法則により、人と接するときは非言語コミュニケーションが重要であることがわかりました。ビジネスシーンでも、この点を特に理解して、見た目や話し方などに気を配ることが大切です。たとえば、服装や髪形を清潔に保ったり、しっかり聞き取れるようハキハキ話したりするなど、相手が好印象を抱きやすいイメージを心がけましょう。メラビアンの法則は、決して言語コミュニケーションを軽視して良いというものではありません。しかし、やはり非言語コミュニケーションが大きな影響を与えている事実に違いはなく、見た目や話し方がうまくいかないことで話の価値が下がってしまうことは起こり得るため注意が必要です。

話の内容や事実は変えられなくても、見た目や話し方は自分次第でいくらでも工夫できます。コミュニケーションの失敗を避けるためにも、非言語コミュニケーションにもしっかり力を入れるようにしましょう。

非対面コミュニケーションでも気をつけよう

直接相手と顔を合わせない非対面コミュニケーションの場合、つい油断して非言語コミュニケーションを軽視してしまうこともあります。しかし、どのような非対面コミュニケーションでも、非言語コミュニケーションは存在するので注意しなければなりません。たとえば、電話は自分の見た目は伝わりませんが、声のトーンや口調はありありと伝わります。視覚情報がない分、ますます聴覚情報の重要性が高まるのです。ここで油断して適当な話し方をしていると、相手が抱く印象はかなり悪くなってしまうでしょう。

たとえ相手に見えなくても、表情をつけて話すなど、非言語コミュニケーションに工夫することが大切です。メールの場合は文字だけなので、微妙なニュアンスが伝わりにくくなります。こちらが意図しない伝わり方をしてトラブルを招く恐れもあるため、細やかな記述で話のトーンが正しく伝わるように心がけましょう。

メラビアンの法則を活用して真意が伝わるコミュニケーションを

メラビアンの法則は、見た目や話し方といった非言語コミュニケーションの重要性を伝える効果的な存在です。一方で、非言語コミュニケーションを軽視しても良いと誤解されがちなので注意しなければなりません。正しく理解すればビジネスシーンにおいてさまざまなメリットが得られるため、うまく活用してコミュニケーションに役立てていきましょう。

Category

Knowledge

Keyword

Keywordキーワード