働きがいを応援するメディア

2021.4.21

リモートワークとは|テレワークとの違い・メリットとデメリットは?

中小企業やIT系の企業だけではなく、大企業でも導入が増えてきたリモートワーク。そもそもリモートワークとはどのような働き方なのか、導入にあたってのメリットや注意点について、詳しく解説します。

リモートワークとは

リモートワークとは、「遠隔」を意味する「remote」と「work(働く)」を組み合わせた造語で、会社から離れた場所で仕事を行う勤務形態を意味します。
おもにIT業界や個人事業主の間で使われてきた言葉で、明確な定義はなく、遠隔でおこなう業務全般を指すのが一般的です。

リモートワークとテレワークの違い

テレワークとは、「離れたところ」を意味する接頭辞「tele」と「work(働く)」を組み合わせた言葉です。テレワークについて、厚生労働省は「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」と定義しています。
リモートワークは、「決められた就業時間内に会社から離れた場所で働く」という意味合いが強いですが、テレワークは、「場所や時間にとらわれない働き方」という点が特徴的です。
テレワークは、働く場所により分類されています。以下で詳しく解説していきます。

在宅勤務(在宅ワーク)

在宅勤務(在宅ワーク)は、その名の通り「自宅」で働くことを指します。通勤時間が削減できるため、移動に費やしていた時間を別のことに当てられる、育児や介護をしていて長時間自宅から離れることが難しい人でも仕事を行える、などのメリットがあります。

モバイル勤務(モバイルワーク)

モバイル勤務(モバイルワーク)は、電車や新幹線、飛行機での移動中や出先の喫茶店などで働くことを指します。

サテライトオフィス勤務

サテライトオフィスやコワーキングスペースなど、本拠地以外の施設で働くことを指します。地方に住む社員のために、オフィスを設置する場合もあります。

ワーケーション

ワーケーションは、「ワーク=仕事」と「バケーション=休暇」を組み合わせた造語で、観光地などの自宅以外の非日常な場所で仕事を行いながら、休暇を楽しむ働き方を指します。

リモートワークに適している業種や職種

リモートワークには、向いている職種と向かない職種があります。物理的に会社にいなければ業務が成り立たない職種は、リモートワークに向きません。しかしながら、最近はさまざまなツールがデジタル化され、教育や接客など、リモートワークが不可能だと言われていた仕事も、可能になりつつあります。これまでの慣習にとらわれて「無理」だと決めつけてしまわず、やり方を思い切って変えることも、選択肢の一つとなるでしょう。

現場に行かなくてもできる仕事

リモートワークに適している職種の特徴は、2点あります。1点目は、パソコンとインターネット環境があればできる仕事です。必ずしも対面で人と接することがなくても成り立つ業務であれば、基本的にはリモートワークが可能です。
2点目は、個人の裁量でできる仕事です。専門知識や専門スキルによって価値を生みだす、いわゆる「ナレッジワーカー」との相性が良い働き方だといえるでしょう。

営業やクリエイティブ職など

オフィスにいなくとも、パソコンとインターネット環境さえあれば業務を遂行しやすい職種は、エンジニア、デザイナー、ライターなどのクリエイティブ職、またカスタマーサクセスも含む営業職、マーケターなどです。
これらの職種にはフリーランスで活動している人も多く、コロナ禍にかかわらず、在宅などオフィスを持たなくとも働けるという実績があります。また、在宅で集中して作業を行えるメリットもあります。

リモートワークに向かない職種

一方で、リモートワークで業務を行うのが難しい職種も多々あります。
例えば、製造業や建設業、農業、漁業、介護・医療関連の職種などです。これらの職種は、特定の場所に赴いたり、専用の機材を使用しないと業務を進められないため、リモートワークには向きません。リモートワークの導入は、業種や職種によって、大きく向き、不向きに差が出ます。

リモートワークのメリット

移動時間とコストの削減

リモートワークにおける最大のメリットは、移動時間の削減といえるでしょう。通勤の必要がなくなることにより、移動にかかっていた時間とコストが削減されます。社員は、移動に使っていた時間を仕事やプライベートに充てることができます。煩わしい通勤のストレスにさらされることがないため、メンタルヘルスにも大いに寄与します。また企業側は、通勤や出張にかかる交通費が削減できます。オフィスを解約したり縮小したりすれば、家賃や地代もカットできます。

モチベーションと生産性の向上

リモートワークの導入により、生産性が上がったという声も多く聞かれます。毎日通勤する必要がなくなったことで、家族との時間が増えたり、健康的な食生活が送れるようになったり、スキルを磨く時間が確保されたり、時間を有意義に使うことができます。
プライベートの充実は、仕事に対するモチベーションにつながり、結果的に生産性の向上が期待できます。

優秀な人材の定着と確保

優秀な人材の離職を防ぐため、多様な働き方のひとつとしてリモートワークに効果を感じている企業も多くあります。リモートワークは家庭や複数の仕事との両立がしやすく、育児や介護、プライベートや副業との兼ね合いによって離職を検討していた社員が、組織に残りやすくなります。
さらに、多様な働き方を推奨しているという点は、求職者にとっては大きな魅力に映ります。実際、リモートワーク可と不可の求人に対する応募率の差も見られています。人材の確保が難しくなっているなかで、リモートワーク導入は優秀な人材の採用にもつながるでしょう。

リモートワーク導入における課題と対策

メリットが多い反面、リモートワークにはいくつかのデメリットもあります。導入にあたっては、デメリットを踏まえたうえで、対策を講じて運営する必要があります。

セキュリティ強化とルール決め

リモートワーク導入にあたっては、セキュリティを強化し、情報漏洩のリスク管理を徹底する必要があります。なぜなら、リモートワークによって重要な情報を社外でも取り扱うようになるからです。とくに、カフェやシェアオフィスなど多くの人が立ち入る場所でのリモートワークにおいては、「PCには覗き見防止シートを貼る」「電話は防音機能がある場所でする」など、細かなルール決めが必要です。セキュリティ対策が施されたパソコンの支給や、暗号化されたネットワークを使用することで外部でもオフィスと同じネットワーク環境を使用できる「仮想プライベート・ネットワーク」の準備など、ハード面の環境を整えることも必要です。
ルールを決めたら、社員に周知徹底させることが大切です。リモートワークに対する社員の情報セキュリティ意識を高めるために、eラーニングを用意したり研修を実施したりするとよいでしょう。

コミュニケーションツールの整備

リモートワークでは、社員同士や取引先と情報を円滑にやり取りするためのコミュニケーションツールの整備が不可欠です。離れた場所にいても会議を行うことができるオンライン会議ツールや、クラウド上にデータを格納し安全にやり取りを行えるファイルストレージ、短い文章で気軽に会話ができるビジネスチャットなどのICTツールを導入することで業務効率化や生産性向上が図れます。同じカテゴリのツールでも、サービスごと機能や使い勝手が異なるため、自社に合ったツールを選ぶことがおすすめです。

テレワーク推進を目的に一から機器やツールの導入となると、費用が掛かります。国・自治体でテレワーク導入を後押しする助成金や補助金を用意していますので、これらの助成金や補助金を活用して、コストを抑えてテレワークの導入を進められます。

管理体制と人事評価の再構築

直接メンバーの勤務状況を見ることができない環境下では、マネジメントの方法や就業時間の管理など、管理体制を再構築する必要があります。とくに、在宅でリモートワークをしている社員は、時間の切り分けが難しくオーバーワークになりがちです。労働時間の管理とともに、体調面・メンタル面でのフォローも大切です。
また、人事評価に関しても同様のことがいえます。プロセスが見えにくいリモートワークには、成果主義の評価システムが適していることもあります。仕組みやルールを整え、必要な管理ツールを導入するなどの対応をしなければなりません。評価システムを再構築するうえで大切なのは、不公平感が生まれないようにすることです。厚生労働省のガイドラインにおいても、「同じ職場でリモートワークを実施している人とそうでない人がいた場合、前者を、リモートワークを理由に不当に評価してはならない」という見解が示されています。
リモートワーク導入を機に、全社的な評価方法を見直してみるのもよいかもしれません。

リモートワークで社員の個性・能力を引き出すには?

「CYDAS PEOPLE」は、業務の状況が見えづらいリモートワークで、社員の個性や能力を活かし、組織の成果へつなげていく人材情報の基盤を作ることができます。

社員の基本的な情報、スキルや資格、評価情報などを一元化することで、データに基づいた施策を実現できます。また、人事評価をシステム化することでリモートワークでも目標だてから承認までスムーズに実施ができます。

リモートワークでの人材の見える化やコミュニケーション活性化を目指される方、組織を成長させるための人材マネジメントをこれから取り組みたいとお考えの方も、ぜひ「CYDAS PEOPLE」の活用をご検討ください。

「CYDAS PEOPLE」のより詳しい内容を知りたい方は、下記より資料をダウンロードいただけますのでご覧ください。

Category

Knowledge

Keyword

Keywordキーワード